革新的な二社体制

私たちは、国内最大の金融グループ傘下にある銀行系証券「三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社」と、グローバル・ネットワークと豊富な経験・ノウハウを有する外資系証券「モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社」とが連携し、一体となって、従来には無い新しい金融サービスをお客さまに提供することで、国内証券業界において、お客さまから最も支持されるリーディング・カンパニーとなることを目指しています。

最も効果的なモデル

私たちは、インベストメント・バンキング(投資銀行)業務においては「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」に集約する一方、キャピタル・マーケッツ(資本市場)業務、セールス&トレーディング業務およびリサーチ業務においては各々が持つ強みと特色を活かし、相互に協力しながら併存するという二社体制が、お客さまに最善のサービスを提供できる最も効果的なモデルであると考えています。なお、個人のお客さま向けのリテール業務においては、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」がサービスをご提供しています。

fig-structure2

三菱UFJフィナンシャル・グループの国内顧客基盤と
モルガン・スタンレーのグローバル・リーチ

三菱UFJフィナンシャル・グループは、東日本・中部・西日本とバランスのとれた国内拠点網に、個人4000万口座・法人40万社の国内顧客基盤を有しています。

また、モルガン・スタンレーは、世界42カ国以上に展開するオフィスを通じて、法人、政府、機関投資家、個人に質の高い金融サービスおよび商品を提供しています。

両社の連携により実現する有益かつ豊富な情報と長きにわたる実績に裏付けられたノウハウと専門性により、お客さまの高度化・多様化する金融ニーズに、的確かつ迅速にお応えします。

二社体制の仕組み

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が60%出資し、モルガン・スタンレーが40%出資するMUFGの連結子会社です。

モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社は、議決権ベースでモルガン・スタンレーが51%、MUFGが49%出資する(経済的出資持分は40%:60%) モルガン・スタンレーの連結子会社です。

共同出資や互いへの経営幹部の派遣を通じて、両社は強固に結束しています。

他には無い価値の提供 二社の概要

 

ページトップ